グローバルメニュー

 

セックスの相場を独自調査!割り切りや援交、ギャラ飲みやパパ活の金額って!?

 

援助交際や割り切りの相場

 

割り切りや援助交際の相場っていくらなの!?

 

当サイト宛には、このような問い合わせが毎日のように届きます・・・

 

タダマン出会いを推奨している私としては大変に困惑している訳ですが、余りにもこの質問が目立ちますので渋々ではありますが、今回は私が独自にリサーチした

 

最新の

「援助交際」や「割り切り」出会いの相場

についてお話したいと思います。

多様化する「売春」により相場は荒れている!

ハッキリ言って、2017年現在における金とセックスをやり取りする「相場」というのは荒れ狂っていると言っても過言ではありません。

 

何故なら、割り切りや援助交際という言葉以外にも

事実上の「売春」を意味する言葉

が次々と作られブーム化しているからです。

 

皆さんは、

「ギャラ飲み」と「パパ活」

上記の言葉が2017年の半ばくらいからTwitterや出会いアプリにて急速に広まっているのをご存知でしょうか!?

 

2つの言葉を順番に説明して行きますと、ギャラ飲みとは20代のOLやフリーターを中心に流行っている言葉であり、小金を持っている男性から誘われて飲みやカラオケに付き合う代わりにタクシー代として5,000円~10,000円程度のお小遣いをもらう契約を意味します。

 

パパ活については、こちらも若い女性達の間で流行っており、10代~30代女性達の間で話題になっています。簡単にパパ活を説明すると愛人契約をライトにして尚且つセックスの関係は無しにした契約を意味します。

 

パパ活の内容とは定期的にデートに付き合ったり、ご飯やカラオケに付き合ったり、旅行やドライブに付き合ったりする事が女性が行うべき仕事となります。

 

男性側は、

月極で女性に対して希望の金額を支払う

事で2人の関係は継続するという形になります。

 

注意点としては、基本的にギャラ飲みとパパ活は共にセックスをしない関係というのが正しい定義となっているます。

 

しかし、実はリアルな実情というのは大きく異なっており、女性達の中にはギャラ飲みやパパ活においても、セックス込みの関係に手を出している女性も少なくないのです・・・

 

つまり、割り切りや援助交際という言葉に加えて、ギャラ飲みとパパ活という言葉も仲間入りしたという訳なのです。

最新!リアルな「セックス」の相場とは!?

 

リアルなセックスの相場を紹介します

 

では、2017年現在における上記で述べた「割り切り・援助交際・ギャラ飲み・パパ活」におけるセックス込みの相場について紹介したいと思います。

 

割り切り

主な女性年齢層:20代半ば~50代女性

 

相場:1.5万円~3万円程度

 

割り切りに関しては非常に幅広い年齢層の女性達の間で使われる言葉となっており、出会い系やマッチングアプリを代表とするセックス前提の繋がりを求める男女が集まるサービスで主に広まっている行為となっています。

 

相場の金額に関しては約1.5万円もの差の開きがありますが、これは女性の年齢によって変化するケースが多いようです。

 

20代の若い女の子ですと自分自身の「若さ」に価値があると知っていますので、金額は高く提示してくることが多いようです。逆に、30代以上の人妻や熟女さんになると年齢を気にして控え目な金額を提示してくることが多いようです。

 

また、女性のルックスやスタイルなどによっても、割り切り価格の相場というのは大きく変動するようです。

援助交際

主な女性年齢層:10代後半~20代女性

 

相場:1万円~2万円程度

 

基本的に援助交際は割り切りと極めて近いニュアンスで使われている出会いの形なのですが、援助交際という言葉が出来たキッカケというのは90年代に流行った女子高生&コギャルブームの時ですので、比較的若い女性達が「援交」や「援助」という言葉を利用して行っているケースが目立ちます。

 

相場的には、割り切りより若干ですが安価な値段でやり取りされているのが特徴的です。

 

その理由としては、若い女の子の中にはセックスを遊び感覚で捉えている貞操観念の弱い子がいるからです。彼女達は目先のお小遣い欲しさに援交に手を出すので、お小遣いとしては余りにも多い1万円程度でもオヤジと気軽にセックスしてしまう子がいるのです・・・

 

また、プチ援と呼ばれるセックスは無しで

手コキやフェラチオのみ

を奉仕するという契約も行われているようです。

 

このプチ援に関しては1回抜いて貰うのに3,000円~5,000円というのが相場になっているようです。

 

また、援助交際やプチ援を積極的に募集している女性の中には未成年の少女が紛れているケースも多いようですので、これらの行為は非常にリスキーであると注意喚起しておきます。

ギャラ飲み

主な女性年齢層:10代後半~30代前半女性

 

相場:1万円~2万円程度

 

ギャラ飲みという言葉は2017年前半くらいからTwitterや東京の港区界隈で流行り始めた言葉であり、一番最初は六本木のキャバ嬢やOL達の間で使われた言葉とも言われています。

 

このギャラ飲みを行う女性層は10代後半30代前半までとかなり若く、最大の特徴としては

容姿やスタイルに自信のある女性

ばかりが目立つという点です。

 

理由としてはギャラ飲みはオヤジ達とお酒やカラオケに付き合うだけで、タクシー代として1万~2万円も貰える非常に割の良い契約であるからです。

 

男性側もセックス無しで純粋に若い子と楽しみたいという人が多いので、なるべく可愛くて綺麗な子を求めるという点も大きな理由と言えるでしょう。

 

気になるギャラ飲みの関係からセックスは出来るのか?という点ですが、ハッキリ言ってその難易度はかなり高いです!

 

とにかく容姿に自信のある若い女の子達ばかりがギャラ飲みをしていますから、彼女達をセックスまで持ち込めるナンパ力が必要となってきます。

パパ活

主な女性年齢層:10代後半~20代前半女性

 

相場(月額):5万円~50万円程度

 

パパ活もギャラ飲みと同様に2017年前半から流行り始めました。

 

主にTwitter界隈でパパ活は広まり、最近ではアメリカ発パパ活専門の出会い系サイト「シュガーダディ」なども日本進出を果たしています。

 

パパ活に手を出す女性の多くは学費や生活費に困っている若い学生やフリーター、OLさんが目立ちます。

 

金額的には割り切りや援助交際、ギャラ飲みとは大きく異なり、1回いくらの金額設定では無く

月極契約するのが一般的

な点が大きな特徴となっています。

 

金額には大きな幅の開きがありますが、これは月に何回会うかによって大きく異なるようです。

 

基本的にはセックス無しの付き合いが絶対的な条件となるのがパパ活ですので、愛人契約などに比べればリーズナブルな価格で募集している女の子が多いです。

 

もちろん、女性達の中にはパパ活にも関わらずにセックスを前提とした付き合いをOKしてくれる女性も存在していますが、その場合はやはり愛人契約に近い価格を提示してくるケースが多いようです。

まとめ

如何だったでしょうか!?

 

今回は、セックス前提で女の子と会う割り切りや援助交際に加えて、セックス前提では無いけれど頑張って口説けばセックスチャンスが比較的多いギャラ飲みやパパ活の相場について説明しました。

 

個人的には、お金を使って女性にセックスさせてもらうという行為は

ナンパの世界において「邪道」

であると考えていますので、是非とも皆様には今回お伝えしましたお金をセックスの交渉については手を出さないで欲しいと願っています。

 

あくまで、現状にける「売春行為」がどのような相場で動いているのかを確認する意味合いで知識として頭に入れておて下さい。

 


PAGE TOP